試験・分析・測定・検査・評価の受託機関様向け!
WEBサイトへの集客方法

『サイバーナビ子』の
5分間!ワンポイントレッスン

自社のWEBサイトを活用したい!
WEBサイトのアクセスを増やしたい!とお考えのWEB担当者様に
サイバーナビの考える「WEBサイトに集客する方法」を教えます!!

WEBサイトへの集客できてますか?

一口にWEBサイトへの集客といっても、どんなサイトに集客するのかで、集客方法は違ってきます。

個人のブログ、ECサイト、企業のコーポレートサイト、イベントなどの特設ページ……
いろんなサイトがありますが、集客する目的はそれぞれ異なっており、サイトの性質・目的によって、適した集客方法をとる必要があります。

製造業のWEBプロモーションを担ってきた「サイバーナビ子」が、受託試験・受託分析機関に向けた、WEBサイトへの集客方法をご説明していきます。

どこから集客する?

WEBサイトのアクセス解析はされていますか?

現在、WEBサイトのアクセス解析はされていますか?
アクセス解析をされている方は、訪問者がどうやってWEBサイトにやってきたのか把握しておられると思います。

WEBサイトへの集客は大きく分けると、次の5つがあります。

  • 検索エンジンからの集客 Google、Yahoo!などで検索し、結果に表示されたリンクをクリックして、訪問してきた人たちです。
  • リスティング広告(Googleアドワーズなど)からの集客 検索結果に表示された広告をクリックして訪問してきた人たちです。
  • SNSからの集客 Facebook、Twitter、Google+などのソーシャルネットワーキングサービスから訪問してきた人たちです。
  • 外部サイトからの集客 プレスリリースやアフィリエイト、キュレーションサイト、バナー広告など、外部サイトに張られたリンクから訪問してきた人たちです。
  • 直リンクでの集客 名刺やチラシなどを見てURLを直接入力、またはメール内に記載したURLをクリックして訪問してきた人たちです。

まずは、自社のWEBサイトがどこから集客しているのか、現状を把握しましょう。

ページの上部へ

一般的なWEBサイトへの集客方法

集客を強化するために考えられる一般的な方法をご紹介していきます。

オフラインツール(テレビCM、新聞への広告掲載、街頭広告など)

知名度を上げるには効果的ですが、費用対効果を考えると、BtoBの企業・機関には不向きかもしれません。

SEO
検索エンジンからの集客を増やすにはSEO

検索エンジンからの集客を増やすには、やはりなんといってもSEOです。
自社のWEBサイトが検索結果の上位に表示されれば、それだけ集客することが可能です。
検索エンジンから訪問してきた人は、何かしらを探してサイトにたどり着いているので、キーワードのミスマッチがなければ、お問い合わせ(コンバージョン)も多くなる傾向があります。

SEOで集客を強化するには、まずは、どんなキーワードで訪問してもらいたいか考え、コンテンツを最適化していきます。(できればビッグキーワードよりはロングテールキーワードがオススメ!)

質のよいコンテンツが評価される傾向にあるため、作りっぱなしにするのではなく、良質なページを定期的に更新することも重要になります。

ただ、Googleはページの質・量・年数・ブランドなどいろいろな要素で順位を決定しているので、実施してもすぐに結果が出るとは限りません。結果が出ない可能性もあります。
SEOについての知識と経験が必要になってきますね。

リスティング広告(Googleアドワーズなど)
検索エンジンからの集客が増えないという方にリスティング広告

検索サイトで検索したときに、検索結果画面の上部や右に表示される広告です。
SEOでなかなか上位に表示することができない……検索エンジンからの集客が増えない……という方にオススメです。
先ほど説明したSEOと同じく、何かしらを探して検索している人に訪問してもらえる可能性が増えます。

費用はかかりますが、1クリックごとに課金されるため、少ない費用から始めることができます。
キーワードの選び方などは、やはりノウハウが必要になってくるので、最初は難しいかもしれません。

また、リスティング広告に頼っていると、永遠に費用がかかり続けることになってしまう(!)ので、SEOで上位表示ができるまでの期間限定で使用するのがオススメです。

SNS
SNSはそれぞれに特徴があります

Facebookは反応率が高い、Twitterは拡散力が強い、Google+はSEOに有利、などそれぞれに特徴があります。企業アカウントを作っていない場合は、まず登録してみてはいかがでしょうか。

WEBサイトへのリンクをつけて投稿し、WEBサイトへの集客を増やします。投稿した内容が拡散されれば幅広い客層にアピールでき、継続して投稿を見てもらうことでファン・リピーターの獲得につながります。

ただ、クリックしてもらいやすいような投稿を考えたり、継続して定期的な更新が必要となりますので、どうしても手間はかかってしまいます。

外部サイトへの掲載

プレスリリースサイト、キュレーションサイト、ポータルサイトなど、アクセスの多いサイトに情報やバナーなどを掲載し、自社のWEBサイトへリンクしてもらうことで集客します。
掲載には費用がかかることが多いと思うので、掲載することによってどのような効果が得られるのか事前に確認しておくことが必要ですね。
無料のものがあれば、まずはそこから試してみるのもよいかもしれません。

メールマガジン
メールマガジンで情報発信

メールマガジンで情報発信を行い、メールマガジン内のリンクでWEBサイトに集客します。
自社で配信することもできますし、すでに読者を持っているメールマガジンに掲載してもらうという方法もあります。

自社の場合は、配信システムの準備や配信リスト(読者)の作成から行う必要があります。
他社のメールマガジンに掲載する場合は、だいたい有料となるため、配信内容が読者とマッチするか、どのくらい集客できるのかなど、費用対効果を考えることになるでしょう。

どちらにしても、読者へ一方的に送るものになるので、興味がなければ開いてもらえないことが多く、いかに興味を持ってもらえる内容で配信するかという工夫が大切です。

それぞれの集客方法について、もっと詳細にお伝えしたいところですが、今回はカンタンに説明させていただきました。

これらの集客方法はいずれも少なからずサイトに集客効果があります。
有料のもの、無料のものがありますが、できるものはすべて取り組むのがよいでしょう。

もちろんノウハウが必要なものもあるので、試行錯誤しながら地道に運用していくことになるかもしれません。

ページの上部へ

WEBサイトへ集客する本来の目的とは?

WEBサイトの集客方法について、ご説明してきましたが、ここで、今一度考えて見ましょう。

  • ナビ子
    なぜ、WEBサイトに集客したいのでしょうか?
  • Aさん
    WEBサイトから問い合わせをしてもらい、試験の受注につなげたいんです!
  • ナビ子
    受注につながるような問い合わせをしてもらうには、
    どんな人に見に来てもらえばよいのでしょうか?
  • Aさん
    顧客になりそうなターゲット企業に見に来てほしいです!
  • ナビ子
    受注につながるような問い合わせってどんなものでしょう?
  • Aさん
    例えば、「○○試験をしたいが自社の設備が空いていなくて困っている」とか
    「規格に準拠した製品を開発しているので評価試験をしたい」とか…

「アクセスが増えたのに、問い合わせが増えない……」
私はそんなWEBサイトをたくさん見てきました。

大事なのはアクセスの質なのです。
ターゲット企業や、試験・分析・測定・検査・評価のテーマを持っている人を集客する必要があるのです。

では、そのためにはどんな集客方法をとればいいのでしょうか?

ページの上部へ

効果的な集客方法のご提案

一般的な集客方法について前述しましたが、その中でもSEOと外部サイトへの掲載について、より効果的にするためのポイントをご紹介します。

SEO

対策するキーワードはビッグキーワードよりもロングテールキーワードにしましょう。
ビッグキーワードとは多くの人が検索するキーワード、ロングテールキーワードとは複合キーワードであまり多くは検索されないキーワードです。
そう聞くとビッグキーワードの方がいいんじゃないか?と思われるかもしれません。

ロングテール

例えば、「振動試験」で検索する人の目的は何でしょうか?
振動試験を委託したい人かもしれませんが、振動試験の規格について知りたい人、振動試験機が欲しい人、振動試験について勉強したい人かもしれません。
では、「振動試験 大型 受託 大阪」だとどうでしょう?
おそらく、大阪で大型の振動試験ができる受託機関を探しているのではないかと思います。

検索される回数は「振動試験」の方が多いのかもしれませんが、「振動試験 大型 受託 大阪」のようなロングテールキーワードで訪問してきた人のほうが問い合わせをする確率は高いのではないでしょうか?

ワンポイント!
我々の調査では、全体の訪問者のうち72.9%の人が検索サイトを使って訪問しているという集計結果があります。
SEOでの集客は重要なポイントとなります。

外部サイトへの掲載

アクセスの多いサイトに掲載すれば、そのぶん多く集客できるかもしれませんが、アクセスの質を考えると、ただ集客するだけでは問い合わせにつながらないというのは先ほどご説明したとおりです。
どうせ掲載するなら、ターゲット企業がよく見に来るサイト、試験・分析・測定・検査・評価のテーマを持っている人が集まっているサイトに掲載したほうが問い合わせにつながりやすくなるはずです。
試験・分析の受託機関を多数掲載し、試験委託先を探している人が集まる、受託機関向けのポータルサイトをご紹介します。

試験・分析.com
国内唯一の試験分析専門サイト「試験・分析.com」

サイバーナビ(株)が展開している試験・分析・測定・評価・検査に特化した日本最大級のポータルサイト。
国内唯一の試験分析専門サイトとして10年以上運営しています。

試験・分析.comの特徴
  • 対応できる試験・規格のページに会社・機関名を掲載

    試験・規格ごとにページがあり、対応できるページにだけ掲載。
    ムダなアクセスがなく、自社のできそうなことを求めている人だけを集客できます。

  • 試験・分析.comへの相談案件をご紹介

    試験・分析.comでは、どの会社に問い合わせたらよいかわからない、という問い合わせも一手に引き受けています。そのような問い合わせは試験内容を掲載企業様にお伝えし、対応できる機関にご紹介しています。

  • 専用のPRサイトをご用意

    いつでも自由にページ作成&更新が可能です。サービスやセミナー・展示会に関する情報をリアルタイムに掲載・発信できるので、自社のWEBサイトの更新が自由にできない企業様にオススメです。

  • 最新情報を随時掲載可能!

    サービスやセミナー・展示会に関する情報をリアルタイムに掲載・発信できます。

  • メールマガジンでPR!

    製造業のエンジニアである@engineerの登録メンバーに向けてサービスを直接アピールできます。

※@engineer(アットエンジニア)
製造業関連情報総合ポータルサイト。
製造業のエンジニアを対象にした情報発信を行っているサイトです。

ワンポイント!
試験委託先を探している人が集まる「試験・分析.com」なら、
試験・分析の受託機関にとって質の高いアクセスを得ることができます。

ページの上部へ

まとめ

以上、サイバーナビ子のプロモーションについてのワンポイントレッスンでした。
最後までご拝読ありがとうございました。
すべてはご紹介しきれていませんが、
WEBサイトへの集客方法をお探しの受託機関様のヒントになれば幸いです。

  • WEBサイトに集客する本来の目的を忘れないこと!
  • 大事なのはアクセスの質!
  • SEOはロングテールキーワード!
  • 外部サイトへの掲載は、質の高いアクセスを得られるサイトを選ぶ!

試験・分析.comの資料請求・お問い合わせ

サイバーナビにお任せください

試験・分析.comを運営しているサイバーナビは、インターネットで製造業のプロモーション一筋15年以上。数多くの受託試験・受託分析機関様のプロモーションをお手伝いしてきました。WEBサイトの集客についてお悩みごとがございましたら、お気軽にお問い合わせください。

試験・分析.comの詳細が知りたい方もお気軽に資料請求ください。