疲労試験(疲れ試験)とは

疲労試験(疲れ試験)とは、プラスチック・金属・複合材料などの試験片や部品・完成品などに、繰り返し応力または変動応力を加え、破壊にいたるまでの繰返し数を調べる試験です。疲労強度・耐久性を評価します。

疲労試験(疲れ試験)から得られるS-N曲線により、材料の疲れ限度(繰返し荷重を加えても破壊しない応力の最大値)、疲れ寿命(寿命保証時間)などを求めることができます。

構造物や機器の疲労破壊を防ぐために重要な試験です。

疲労試験(疲れ試験)の種類

  • 低/高サイクル疲労試験
  • 転動疲労試験
  • フレッティング疲労試験
  • 高温疲労試験
  • 低温疲労試験
  • 熱疲労試験
  • 腐食疲労試験

疲労試験(疲れ試験)に用いる装置

疲労試験機
各種の部品や製品に様々な負荷を加えて、その疲労強度・耐久性を確認する試験機器。負荷の ...
クリープ試験機
一定温度、一定荷重下で、時間とともに変化する材料の長さの変化、あるいは破断までの時間を ...
熱疲労試験機
加熱・冷却による熱疲労を加え、試験体の熱体制と熱疲労速度を測定・評価する装置。加熱方法 ...

関連規格

JIS Z 2273 金属材料の疲れ試験方法通則
JIS Z 2274 金属材料の回転曲げ疲れ試験方法
JIS Z 2275 金属平板の平面曲げ疲れ試験方法
ISO 204 金属材料-引張における単軸クリープ試験-試験方法
ISO 7500-2 金属材料-静的単軸試験機の検定-第2部:引張クリープ試験機-適用する負荷の検定

疲労試験(疲れ試験)に対応可能な企業

企業の選定に迷ったらお気軽にご相談ください

試験/分析のご依頼・ご相談

疲労試験(疲れ試験)のご依頼・相談はこちらから

疲労試験(疲れ試験)に
対応可能な企業 募集中!
試験・分析人気検索ランキング おすすめ動画
▲このページの上部へ