プラズマ発光分光分析(ICP)とは

ICP-AES

ICP-AES
(写真提供:
株式会社ケミトックス様)

液体試料を高温の誘導結合プラズマ炎中に噴霧し、イオン化発光した光を波長毎に分光し、その強度を電気的に測定する分析法。
試料の定性分析・定量分析に使用されます。

ICPを利用した分析法には、ICP発光分光分析(ICP-AES/ICP-OES)とICP質量分析(ICP-MS)があり、いずれも水溶液試料中の約70元素を一斉に測定することが可能です。

固体試料の場合は、分解や抽出により溶液化する必要があるため、ハロゲン系の測定は一般的には難しく、液体にならない希ガス元素や大気成分の測定もできません。
また、固体試料の分解・希釈により分析精度が大きく左右されてしまうという短所があります。

プラズマ発光分光分析(ICP)に用いる装置

プラズマ発光分光分析装置(ICP)
高周波誘導結合プラズマを光源とする装置で、物質中の成分をプラズマ発光させる装置。霧状化 ...

プラズマ発光分光分析(ICP)に対応可能な企業

企業の選定に迷ったらお気軽にご相談ください

試験/分析のご依頼・ご相談

プラズマ発光分光分析(ICP)のご依頼・相談はこちらから

プラズマ発光分光分析(ICP)に
対応可能な企業 募集中!
試験・分析人気検索ランキング おすすめ動画
▲このページの上部へ