誘導結合プラズマ質量分析(ICP-MS)とは

液体試料を高温の誘導結合プラズマ炎中に噴霧してイオン化し、質量分析を行う、代表的な無機元素分析のひとつ。

液体試料の場合、前処理の影響を受けないため、多くの元素に対してpptレベルの超高感度分析ができます。
多くの元素に対して分析できるだけでなく、多元素を同時に分析することが可能。定性分析、定量分析、同位体分析を行うことができます。

固体試料の場合は、分解や抽出により溶液化することで分析可能ですが、試料内に高濃度で存在する元素の測定に対しては、感度が良いために元素ごとの希釈誤差が大きくなります。

誘導結合プラズマ質量分析(ICP-MS)に用いる装置

ICP質量分析装置(ICP-MS)
次世代型の無機元素分析装置として注目を集めている装置。高周波誘導結合プラズマを光源とし ...

誘導結合プラズマ質量分析(ICP-MS)に対応可能な企業

企業の選定に迷ったらお気軽にご相談ください

試験/分析のご依頼・ご相談

誘導結合プラズマ質量分析(ICP-MS)のご依頼・相談はこちらから

誘導結合プラズマ質量分析(ICP-MS)に
対応可能な企業 募集中!
試験・分析人気検索ランキング おすすめ動画
▲このページの上部へ