環境ホルモン分析とは

PCB、農薬類、アルキルフェノール、ビスフェノール、フタル酸、エステル等の環境ホルモン(内分泌撹乱化学物質)を検出、分析すること。環境ホルモンは非常に微量でも生物の生殖や免疫、神経系といった健康面への悪影響が懸念される物質であり、高感度の分析機器を用いて精確な分析を行う必要がある。

■環境ホルモン分析方法
・ガスクロマトグラフ質量分析装置(GC/MS)による環境ホルモン分析
・液体クロマトグラフ(LC)による環境ホルモン分析
・液体クロマトグラフ質量分析装置(LC/MS)による環境ホルモン分析

■環境ホルモン分析の対象例
・大気・河川・海水・底質・土壌・水生生物等の環境ホルモン分析
・PRTR法に基づく排ガス・排水などの環境ホルモン分析
・化学薬品・廃棄物等の特殊試料の環境ホルモン分析
・分解処理試験に伴う処理水の環境ホルモン分析


環境ホルモン分析に対応可能な企業

ナノサイエンス株式会社 【東京都豊島区】
問い合わせ 設備情報一覧 ものづくりマップ
【表面分析、信頼性試験の受託】各種表面分析(不純物分析、組成分析、形態観察/構造解析)及び、EIAJ規格、JEDEC規格、MIL規格などに対応した電子部品の環境試験、ESD試験などを実施。標準試料も販売。
株式会社島津テクノリサーチ 【京都市中京区】
問い合わせ 設備情報一覧
機器分析のプロ集団が受託分析、試験技術を提供。電子・電気材料分野、医薬品・化成品・食品分野、材料分析など幅広い分析・試験を実施いたします。
株式会社日立パワーソリューションズ  【茨城県日立市】
問い合わせ 設備情報一覧 ものづくりマップ
新鋭機器による信頼性試験を提供。高度な技術と豊富な経験で、お客様のご要望に専門スタッフがお応えします。
株式会社クオルテック 【大阪府堺市】
問い合わせ 設備情報一覧 ものづくりマップ
EBSD分析やパワーサイクル試験などの受託解析・信頼性試験から、研磨試料の作製、高耐食性無電解Niめっき液の開発、EMC対策のコンサルティングまで、トータル・ソリューションを提供いたします。

環境ホルモン分析に
対応可能な企業 募集中!

試験・分析人気検索ランキング おすすめ動画
▲このページの上部へ