電子線マイクロアナリシス分析(EPMA)とは

極表面近傍の元素分布状態を電子線マイクロアナライザ(EPMA)で解析すること。

固体試料の微小領域に電子線を照射し、試料中から発生する電子線をSEM観察します。
そこで検出した特性X線は、元素ごとに固有の波長を持っているので、試料の構成元素や含有量、試料内での分布、元素の化学状態などを調べることができます。

EDX(エネルギー分散型X線分析)よりも分解能が高く、高感度であるという特徴があります。

測定対象

金属、鉄鋼、鉱物、半導体、ガラス、セラミックス、高分子、生物、食品などの固体

電子線マイクロアナリシス分析(EPMA)に用いる装置

電子線マイクロアナライザ(EPMA)
電子線を試料に照射し、元素固有の信号(固有エックス線)を検出することにより、その物質の元 ...

電子線マイクロアナリシス分析(EPMA)に対応可能な企業

企業の選定に迷ったらお気軽にご相談ください

試験/分析のご依頼・ご相談

電子線マイクロアナリシス分析(EPMA)のご依頼・相談はこちらから

電子線マイクロアナリシス分析(EPMA)に
対応可能な企業 募集中!
試験・分析人気検索ランキング おすすめ動画
▲このページの上部へ