ガス爆発試験とは

可燃性ガスまたは蒸気が、ある比率で空気と混合すると爆発性をもつ混合ガスを形成し、なんらかの着火源の存在により爆発を起こす。

爆発防止の観点からは、燃焼の3要素である燃料、空気(酸素)、火源のいづれかをなくせばよいが、現実にはそれが困難な場合もあるため、対象物質について爆発を起こす条件を明らかにして、その条件の範囲外で取り扱うことが必要となる。

ガス爆発試験に対応可能な企業

日本カーリット株式会社 【東京都中央区】
問い合わせ 設備情報一覧 ものづくりマップ
国内最初の危険性評価試験委託機関として発足し、一般的な危険性評価試験、消防法危険物確認試験、国連勧告試験(UNオレンジブック)、密閉試験・屋外/屋内試験、野外試験(外部火災試験)などを受託します。
株式会社クオルテック 【大阪府堺市】
問い合わせ 設備情報一覧 ものづくりマップ
EBSD分析やパワーサイクル試験などの受託解析・信頼性試験から、研磨試料の作製、高耐食性無電解Niめっき液の開発、EMC対策のコンサルティングまで、トータル・ソリューションを提供いたします。

ガス爆発試験に
対応可能な企業 募集中!

試験・分析人気検索ランキング おすすめ動画
▲このページの上部へ