変異原性試験とは

遺伝子に作用して遺伝情報を変える性質を変異原性といい,この性質を検出する試験を変異原性試験という。

遺伝子突然変異を検出する方法、染色体異常を検出する方法、突然変異の初期変化としてDNA損傷を検出する方法などがあり、 最もよく用いられる試験方法としては、サルモネラ菌などの細菌を用いる突然変異試験であるエームス試験(Ames test)がある。


遺伝情報に異常を起こしてがんの原因を作る発がん性物質のほとんどは、変異原性をもつことが実験的に知られていることから、 変異原性を調べることは発がん性の可能性がある物質を見つけ出すのにも役立つと考えられ、 変異原性試験は、発がん性物質のスクリーニング試験としての意味も持つ。


日本では、医薬品、食品添加物、農薬、新規化学物質の許認可、登録、使用に際して必要となる。 また、化学物質の製造所などにおける作業従事者の健康確保のため、「労働安全衛生法」に基づく変異原性試験法のガイドラインに採用されている。

変異原性試験に対応可能な企業

株式会社クオルテック 【大阪府堺市】
問い合わせ 設備情報一覧 ものづくりマップ
EBSD分析やパワーサイクル試験などの受託解析・信頼性試験から、研磨試料の作製、高耐食性無電解Niめっき液の開発、EMC対策のコンサルティングまで、トータル・ソリューションを提供いたします。

変異原性試験に
対応可能な企業 募集中!

試験・分析人気検索ランキング おすすめ動画
▲このページの上部へ