分解度試験とは

化学物質の生分解性を調べる試験。微生物が存在する水溶液中に被験物質を投入し、 一定期間において分解した割合(分解度)を測定する。


分解度試験は、化審法の分解性評価にも用いられている。

主な分解度試験は、活性汚泥30mg/l、被験物質100mg/lの濃度で25℃、28日間暴露したときの分解度で判断する。

分解度の測定方法には、消費された酸素の総量(生物化学的酸素要求量:BOD)から、分解度を算出する間接法と、 試験期間終了後に、ガスクロマトグラフ分析法、高速液体クロマトグラフ分析法などにより、試験液中の残留物(親物質及び変化物)の量を 測定して算出する直接法がある。


化審法では、新規化学物質の年間製造量、輸入量が1トン以上の場合は分解度試験をはじめとしたデータが必要となる。 また、化審法以外にも例えば、生分解性潤滑油のエコマークを取得する際などに必要。

BOD分解度が60%以上、かつ直接測定により分解生成物が生成していない物質を良分解物質としている。

分解度試験に対応可能な企業

ナノサイエンス株式会社 【東京都豊島区】
問い合わせ 設備情報一覧 ものづくりマップ
【表面分析、信頼性試験の受託】各種表面分析(不純物分析、組成分析、形態観察/構造解析)及び、EIAJ規格、JEDEC規格、MIL規格などに対応した電子部品の環境試験、ESD試験などを実施。標準試料も販売。
株式会社クオルテック 【大阪府堺市】
問い合わせ 設備情報一覧 ものづくりマップ
EBSD分析やパワーサイクル試験などの受託解析・信頼性試験から、研磨試料の作製、高耐食性無電解Niめっき液の開発、EMC対策のコンサルティングまで、トータル・ソリューションを提供いたします。

分解度試験に
対応可能な企業 募集中!

試験・分析人気検索ランキング おすすめ動画
▲このページの上部へ