生分解性試験とは

物質の生物学的な化学物質の分解性を調べる試験。

環境中に放出された化学物質は、主に微生物による生物学的な反応による分解を受け、二酸化炭素や水などの無機化合物に変換される。 生分解性が低いと環境中に蓄積されるおそれがある。


生分解性試験の方法は、被験物質を、目的に応じた生物分解区(微生物等が存在し、物質を分解することができる状態の溶液・土壌)に加え、 経時的に分解される生物分解区中の被験物質の減少や特性の変化を化学分析等でカウントする。


生分解性試験は、化審法で新規物質に求められる安全性試験の一つである。
分解度試験参照)

生分解性試験に対応可能な企業

株式会社WDB環境バイオ研究所  【徳島県海部郡】
問い合わせ
海洋生物を用いた様々な生態影響試験(毒性試験・海水版WET試験など)を提案・受託。特に、海水魚類急性毒性試験は、国内で唯一、国際規格 ISO/IEC 17025:2005(JIS Q 17025)の認定を取得。高い信頼性・実用性があります。
ナノサイエンス株式会社 【東京都豊島区】
問い合わせ 設備情報一覧 ものづくりマップ
【表面分析、信頼性試験の受託】各種表面分析(不純物分析、組成分析、形態観察/構造解析)及び、EIAJ規格、JEDEC規格、MIL規格などに対応した電子部品の環境試験、ESD試験などを実施。標準試料も販売。
テュフ ラインランド ジャパン株式会社 【神奈川県横浜市】
問い合わせ 設備情報一覧 ものづくりマップ
ドイツに本社をおくテュフ ラインランド グループの日本法人。第三者検査機関として、幅広い製品の安全・品質について、評価・試験・認証を提供。日本国内外の様々な規格について対応・サポートします。
株式会社クオルテック 【大阪府堺市】
問い合わせ 設備情報一覧 ものづくりマップ
EBSD分析やパワーサイクル試験などの受託解析・信頼性試験から、研磨試料の作製、高耐食性無電解Niめっき液の開発、EMC対策のコンサルティングまで、トータル・ソリューションを提供いたします。

生分解性試験に
対応可能な企業 募集中!

試験・分析人気検索ランキング おすすめ動画
▲このページの上部へ