粉じん爆発試験とは

可燃性粉じんは、ある比率で空気中に浮遊すると、何らかの着火源の存在により爆発を起こすことがある。このような粉じんに対して「爆発のしやすさ」と「爆発の激しさ」の観点から、爆発下限界濃度、限界酸素濃度、最小着火エネルギーなどを測定する。

粉じん爆発性は、粉じんの種類、粒径に顕著に依存するばかりでなく、ガス爆発同様に試験装置、方法によっても結果が異なる場合があるため、データの取り扱いには注意が必要となる。




粉じん爆発試験に対応可能な企業

日本カーリット株式会社 【東京都中央区】
問い合わせ 設備情報一覧 ものづくりマップ
国内最初の危険性評価試験委託機関として発足し、一般的な危険性評価試験、消防法危険物確認試験、国連勧告試験(UNオレンジブック)、密閉試験・屋外/屋内試験、野外試験(外部火災試験)などを受託します。
株式会社クオルテック 【大阪府堺市】
問い合わせ 設備情報一覧 ものづくりマップ
EBSD分析やパワーサイクル試験などの受託解析・信頼性試験から、研磨試料の作製、高耐食性無電解Niめっき液の開発、EMC対策のコンサルティングまで、トータル・ソリューションを提供いたします。

粉じん爆発試験に
対応可能な企業 募集中!

試験・分析人気検索ランキング おすすめ動画
▲このページの上部へ