染色体異常試験とは

哺乳類培養細胞を用いる染色体異常試験

エームス試験はDNAの塩基性配列の変化など比較的小さな変化を捉えているが、DNAに、より大きな障害がもたらされると、染色体の構造異常として現れる。

染色体異常試験は通常チャイニーズハムスターの繊維芽細胞株等を用い、変異原による染色体の構造的異常並びに数的異常を計測し変異原性を調べる。

化審法におけるスクリーニング毒性試験として要求されている。


染色体異常試験に対応可能な企業

株式会社クオルテック 【大阪府堺市】
問い合わせ 設備情報一覧 ものづくりマップ
EBSD分析やパワーサイクル試験などの受託解析・信頼性試験から、研磨試料の作製、高耐食性無電解Niめっき液の開発、EMC対策のコンサルティングまで、トータル・ソリューションを提供いたします。

染色体異常試験に
対応可能な企業 募集中!

試験・分析人気検索ランキング おすすめ動画
▲このページの上部へ