急性毒性試験とは

動物(通常ラットを用いる)が化学物質に1回あるいは短時間曝露された場合の毒性を評価する試験。

通常、急性経口毒性試験を行うことが多いが、原則としては被験物質の暴露経路に基づき、経口、経皮、吸入から選ぶ。急性毒性試験では、比較的大量の化学物質の投与によって、毒性症状の種類、程度、持続時間や死亡の有無などを観察し、致死量などを算出する。

現在、OECDで定められている急性経口毒性試験は、OECD TG420:固定用量法、OECD TG423:毒性等級法及びOECD TG425:up-and-down法の3つの方法がある。以前は半数致死量(LD50)を算出するOECD TG401の急性経口毒性試験だったが、同法は動物を60匹以上用いるため、動物愛護の観点から廃止され、ヨーロッパでは2002年12月18日以降にOECD TG401試験法で行った結果は受け付けないこととなっている。


急性毒性試験に対応可能な企業

株式会社クオルテック 【大阪府堺市】
問い合わせ 設備情報一覧 ものづくりマップ
EBSD分析やパワーサイクル試験などの受託解析・信頼性試験から、研磨試料の作製、高耐食性無電解Niめっき液の開発、EMC対策のコンサルティングまで、トータル・ソリューションを提供いたします。

急性毒性試験に
対応可能な企業 募集中!

試験・分析人気検索ランキング おすすめ動画
▲このページの上部へ