皮膚感作性試験とは

皮膚感作性試験に関するイメージ図

皮膚感作性とは、遅延性過敏反応の一つで、化学物質により過剰な免疫反応を起こした皮膚にかぶれが起きる現象のことです。
感作性を有する物質によりリンパ節中の「感作T型細胞」が増殖し、再び同一化学物質に触れると、認識されたT型細胞からリンホカインが放出され皮膚炎症を引き起こします。

皮膚感作性試験には、モルモットを用いたGPMT法(Maximization test、OECD TG406)、APT法(Adjuvant & patch test)、Buehler法(OECD TG406)、マウスを用いたLLNA法(Local Lymph Node Assay、OECD TG429)があります。
動物愛護の観点から、海外ではLLNA法への移行が進められています。

化粧品や医薬部外品などの安全性評価のための試験です。

皮膚感作性試験に対応可能な企業

株式会社クオルテック 【大阪府堺市】
問い合わせ 設備情報一覧 ものづくりマップ
EBSD分析やパワーサイクル試験などの受託解析・信頼性試験から、研磨試料の作製、高耐食性無電解Niめっき液の開発、EMC対策のコンサルティングまで、トータル・ソリューションを提供いたします。

皮膚感作性試験に
対応可能な企業 募集中!

試験・分析人気検索ランキング おすすめ動画
▲このページの上部へ