28(90)日間反復投与毒性試験とは

亜急性毒性試験の1種。28日間反復投与毒性試験は化審法のスクリーニング毒性試験として要求されている。

ラットに28(90)日間化学物質を投与し、28(90)日間投与後の一般状態観察、死亡率、体重、摂餌・摂水量、血液検査、血液生化学検査、尿検査、機能検査、解剖・病理学検査、器官重量検査などを行い、被験物質の一般毒性を明らかにし無影響量NOEL(no observed effect level)或いは無有害影響量NOAEL(no observed adverse effect level)を求める。

化審法では投与終了後14日間の回復期間の観察も要求される。

28(90)日間反復投与毒性試験に対応可能な企業

株式会社クオルテック 【大阪府堺市】
問い合わせ 設備情報一覧 ものづくりマップ
EBSD分析やパワーサイクル試験などの受託解析・信頼性試験から、研磨試料の作製、高耐食性無電解Niめっき液の開発、EMC対策のコンサルティングまで、トータル・ソリューションを提供いたします。

28(90)日間反復投与毒性試験に
対応可能な企業 募集中!

試験・分析人気検索ランキング おすすめ動画
▲このページの上部へ