亜急性/慢性毒性試験とは

化学物質のより適切なハザードを評価し、化学物質を使用する場合の安全な用量を推測するためには、より長期間投与の毒性試験を行う必要がある。一般に、動物に対する6ヶ月間以内(28日間、3ヶ月間など)の反復投与試験を亜急性毒性試験、6ヶ月間以上(6ヶ月間、1年間など)の反復投与試験を慢性毒性試験という。長期間にわたって毎日反復投与することによって発現する生体の機能や形態の変化を観察して毒性を調べる。

亜急性/慢性毒性試験に対応可能な企業

企業の選定に迷ったらお気軽にご相談ください

試験/分析のご依頼・ご相談
株式会社クオルテック 【大阪府堺市】
問い合わせ 設備情報一覧 ものづくりマップ
EBSD分析やパワーサイクル試験などの受託解析・信頼性試験から、研磨試料の作製、高耐食性無電解Niめっき液の開発、EMC対策のコンサルティングまで、トータル・ソリューションを提供いたします。

亜急性/慢性毒性試験のご依頼・相談はこちらから

亜急性/慢性毒性試験に
対応可能な企業 募集中!

試験・分析人気検索ランキング おすすめ動画
▲このページの上部へ