発がん性試験とは

ラットやマウスを用い、生涯にわたって化学物質に曝露された場合の腫瘍発生の有無を調べる。ラットでは24ヶ月以上、マウスでは18ヶ月以上の期間毎日摂餌投与等の方法で化学物質に曝露させる。おおよそ3年間の試験期間と大きな費用(約1億円)を要する試験。



発がん性試験に対応可能な企業

株式会社クオルテック 【大阪府堺市】
問い合わせ 設備情報一覧 ものづくりマップ
EBSD分析やパワーサイクル試験などの受託解析・信頼性試験から、研磨試料の作製、高耐食性無電解Niめっき液の開発、EMC対策のコンサルティングまで、トータル・ソリューションを提供いたします。

発がん性試験に
対応可能な企業 募集中!

試験・分析人気検索ランキング おすすめ動画
▲このページの上部へ