魚類急性毒性試験とは

魚類急性毒性試験(OECD TG203)

水系食物連鎖における高次消費者である魚類を化学物質に96時間暴露させ、死亡数を計測し半数致死濃度LC50(lethal concentration 50)を求める。

供試動物としては日本においてはヒメダカ、コイが一般的であるが、海外においてはブルーギル、ニジマス、グッピーなどが用いられる。

魚類急性毒性試験に対応可能な企業

株式会社WDB環境バイオ研究所  【徳島県海部郡】
問い合わせ
海洋生物を用いた様々な生態影響試験(毒性試験・海水版WET試験など)を提案・受託。特に、海水魚類急性毒性試験は、国内で唯一、国際規格 ISO/IEC 17025:2005(JIS Q 17025)の認定を取得。高い信頼性・実用性があります。
ナノサイエンス株式会社 【東京都豊島区】
問い合わせ 設備情報一覧 ものづくりマップ
【表面分析、信頼性試験の受託】各種表面分析(不純物分析、組成分析、形態観察/構造解析)及び、EIAJ規格、JEDEC規格、MIL規格などに対応した電子部品の環境試験、ESD試験などを実施。標準試料も販売。
株式会社クオルテック 【大阪府堺市】
問い合わせ 設備情報一覧 ものづくりマップ
EBSD分析やパワーサイクル試験などの受託解析・信頼性試験から、研磨試料の作製、高耐食性無電解Niめっき液の開発、EMC対策のコンサルティングまで、トータル・ソリューションを提供いたします。

魚類急性毒性試験に
対応可能な企業 募集中!

試験・分析人気検索ランキング おすすめ動画
▲このページの上部へ