WET試験 (全排水毒性試験)とは

WETとは、Whole Effluent Toxicityの略で、日本語訳では全排水毒性です。
WET試験は、生物応答を利用した水環境管理の手法のひとつ。 化学物質1種単独での有害性(毒性)評価ではなく、排水や環境水を混合物の状態で、生物応答により安全性を総合的に評価するものです。
日本国内では2009年から環境省を中心に、工場および事業場から排出される排水に対する法規制に向け、WET試験を用いた新たな排水管理手法「日本版WET」の導入が検討されています。


WET試験 (全排水毒性試験)に対応可能な企業

株式会社WDB環境バイオ研究所 【徳島県海部郡】
問い合わせ
海洋生物を用いた様々な生態影響試験(毒性試験・海水版WET試験など)を提案・受託。特に、海水魚類急性毒性試験は、国内で唯一、国際規格 ISO/IEC 17025:2005(JIS Q 17025)の認定を取得。高い信頼性・実用性があります。

WET試験 (全排水毒性試験)に
対応可能な企業 募集中!

試験・分析人気検索ランキング おすすめ動画
▲このページの上部へ