日本飛行機株式会社 設備一覧

振動・衝撃試験、モーダル解析

設備名 仕様
動電型振動試験機 英国LDS社 AES-984LS
最大加振力
160kN(16.3tf)
振動数範囲
5~2000ヘルツ
最大変位
38mm(P-P)
最大加速度
約100G(無負荷事)
最大搭載重量
1.3t
制御波形
正弦波、ランダム波、波衝撃波、混合波

風洞試験

設備名 仕様
風洞試験装置 自社製2m低速風洞 水平単回路式
最大風速
60m/s(防御ネット無、測定部空)
風速分布
1.0%以下(測定部中心面)
乱れ
0.2%以下(測定部中心面)
計測部
円形2.0m
計測項目
耐風性、空力荷重等

強度試験(材料および構造物)

設備名 仕様
静強度負荷システム MTS社 Aero-Pro
アクチュエータ
荷重25kN×2,50kN×1,100kN×1(計4台)

高低温・氷結試験・湿度試験

設備名 仕様
特殊環境試験装置 エスペック社 MS-353
温度範囲
-60~+120℃
湿度範囲
30~95%R.H
槽内寸法
幅1.5m×高さ1.5m×奥行き4.0m

複合試験

設備名 仕様
環境発生装置 日測エンジニアリング社 PSU-120W-60150
温度範囲
-60~+150℃
湿度範囲
30~95%R.H
槽内寸法
供試体に合わせて製作
試験・分析人気検索ランキング おすすめ動画
▲このページの上部へ