ゲル浸透クロマトグラフ(GPC)とは

試料を分子サイズに基づいて分離する装置。
高分子物質の分子量分布や平均分子量分布を測定することができる。

移動相は有機溶媒で、多孔質の粒状ゲルを充填したカラムを用いる。
カラムに試料溶液を注入すると、小さい分子はゲルの奥まで浸透しながらゆっくり流れ、大きい分子はゲル内に入らず速く流れるため、分子の大きさによるふるい分けを行うことができる。

また、光散乱検出器を併用することにより、高分子物質の絶対分子量分布および絶対平均分子量、回転半径などの情報を得ることができる。

ゲル浸透クロマトグラフ(GPC)を使用する試験・分析

ゲル浸透クロマトグラフ分析
有機溶媒(移動相)中に溶解させた試料成分分子を大きさによって分離し、その分子量および ...

ゲル浸透クロマトグラフ(GPC) 取り扱い企業

企業の選定に迷ったらお気軽にご相談ください

試験/分析のご依頼・ご相談

定量分析のご依頼・相談はこちらから

ゲル浸透クロマトグラフ(GPC)の
取り扱い企業 募集中!
試験・分析人気検索ランキング おすすめ動画
▲このページの上部へ