原子間力顕微鏡(AFM)とは

SPMの一種。大気圧下で原子レベルの分解能を有する顕微鏡で、探針を用いて反射光の強度を測定し、制御信号を試料の表面状態(凹凸の様子)として観察する。特徴としては、試料表面の微細形状だけでなく、表面粗さなど画像解析が容易、液中でも測定可能といった点が挙げられる。観察対象は導電性試料に加え、高分子などの絶縁物もある。
略称:AFM

原子間力顕微鏡(AFM)で対応可能な試験・分析

原子間力顕微鏡(AFM) 取り扱い企業

試験・分析人気検索ランキング おすすめ動画
▲このページの上部へ