走査型プローブ顕微鏡(SPM)とは

試料表面を、先端形状が10nm程度という微小な探針で走査し、試料の表面形状などを高倍率で観察し、画像化する顕微鏡。
略称:SPM

走査型プローブ顕微鏡(SPM)で対応可能な試験・分析

走査型プローブ顕微鏡(SPM) 取り扱い企業

試験・分析人気検索ランキング おすすめ動画
▲このページの上部へ