高速液体クロマトグラフ(HPLC)とは

液体中に含まれる微量成分の分離・分析や目的成分の分取精製を行う機器。

難揮発性化合物や熱に対して不安定な化合物の分析に適している。
高速液体クロマトグラフの一種としてイオンクロマトグラフがある。略称:HPLC。

熱的変化を受けやすい成分や、イオン性成分といった液体試料の組成分析が可能であるほか、成分既知であれば濃度定量も実施が可能。

排水・公共水域水に代表される、農薬などの各種環境関連規制に対する分析にも用いる。

対象試料

  • 可溶性有機化合物
  • 難揮発性試料
  • 熱に対して不安定な化合物

検出範囲

最下限は数ppmレベルである。

用途

  • 各種有機化合物の定性/定量分析
  • LCDパネルの洗剤残渣の分析
  • 実装基板のフラックス残渣の分析
  • 環境分析 など

高速液体クロマトグラフ(HPLC)を使用する試験・分析

液体クロマトグラフ分析(HPLC)
移動相に液体を用いるクロマトグラフで、混合物を分離し、屈折率の変化、紫外線吸収等に ...

高速液体クロマトグラフ(HPLC) 取り扱い企業

企業の選定に迷ったらお気軽にご相談ください

試験/分析のご依頼・ご相談

定量分析のご依頼・相談はこちらから

高速液体クロマトグラフ(HPLC)の
取り扱い企業 募集中!
試験・分析人気検索ランキング おすすめ動画
▲このページの上部へ