飛行時間型二次イオン質量分析装置(TOF-SIMS)とは

固体試料の最表面に存在する成分(原子、分子)を同定する装置。
固体試料表面にガリウムなどのイオン(一次イオン)を照射し、放出される二次イオンを一定の電圧で加速すると、イオンの質量の差により検出器への到達時間(飛行時間)に差が出る。この性質を利用して、試料の最表面に存在する原子や分子を同定する装置。

極微量(ppmオーダー)の無機物・有機物の同定や表面に存在する成分の分布分析が可能で、金属、半導体、無機物、有機物、高分子材料の最表面の化学構造解析、元素・化学種の分布像や深さ方向の分析(スパッタリングによる)に用いられる。また、絶縁物の測定も可能。
略称:TOF-SIMS

飛行時間型二次イオン質量分析装置(TOF-SIMS)で対応可能な試験・分析

飛行時間型二次イオン質量分析装置(TOF-SIMS) 取り扱い企業

試験・分析人気検索ランキング おすすめ動画
▲このページの上部へ