示差熱熱重量同時測定装置(TG/DTA)とは

熱分析の代表的な測定機器としても知られる示差走査熱量計は、基準物質との熱量の入力差を測定する装置で、凝固点降下法を用いて純度測定を行うときなどに用いられる。

示差走査熱量計では材料の加熱・冷却時の硬化反応温度、熱酸化分解温度といった反応温度や反応熱などの化学的変化の他、融点、凝固点、液晶転移点、固相転移点などの物理的変化も測定可能。
走査型熱容量計、示差走査熱量測定装置、DSCとも呼ばれる。


示差熱熱重量同時測定装置(TG/DTA)で対応可能な試験・分析

示差熱熱重量同時測定装置(TG/DTA) 取り扱い企業

試験・分析人気検索ランキング おすすめ動画
▲このページの上部へ