塩水・キャス試験装置とは

一定温度に設定された試験槽の中に試験片を設置し、規定濃度の塩水(塩化ナトリウム水溶液)と少量の酢酸及び塩化銅(Ⅱ)の混合液を噴霧することにより、試験片の耐腐食性を評価する装置。酢酸と塩化銅(Ⅱ)を加えることで腐食性が高められるので、より強い耐腐食性を求める際に用いられる。主な試験片としては金属材料や被覆材料が挙げられる。


塩水・キャス試験装置で対応可能な試験・分析

塩水・キャス試験装置 取り扱い企業

試験・分析人気検索ランキング おすすめ動画
▲このページの上部へ