大電流発生装置とは

文字通り、大電流を発生させる装置で、大電流を通電した際の試料の機械的・物理的特性を測定するために用いる。主に精密機器等の電流による誤動作測定などに利用される。機種によってはヒートサイクル試験に対応可能なものもある。また、約10万A(自然の雷の電流と同程度の大きさ)の大電流を発生させることができるものは雷サージ試験に用いることも可能。


大電流発生装置で対応可能な試験・分析

大電流発生装置 取り扱い企業

試験・分析人気検索ランキング おすすめ動画
▲このページの上部へ