X線加熱検査装置とは

X線透過検査装置に加熱ユニットを搭載し、加熱しながらX線検査ができる装置。
通常の透過撮像だけではわからない、加熱による変形・挙動を観察することができます。

たとえば、基盤のリフロー加熱を再現してハンダの挙動をX線検査装置で観察することで、ハンダ材料の選択、リフローの条件、ハンダ内のボイド発生などについて、解析・検証することが可能です。

X線加熱検査装置の用途

ハンダ、BGA、LED、電子部品、車載部品などの観察に用いられます。

  • ボイドの発生状況
  • ハンダの溶融状態
  • 加熱による気泡の発生状況
  • 熱変形によるワイヤーの断線
  • 熱変形によるチップの剥離 など

X線加熱検査装置を使用する試験・分析

非破壊試験
非破壊試験とは、機械部品や構造物を破壊しないで、欠陥や劣化の状況を検査する試験で ...

X線加熱検査装置の取り扱い企業

X線加熱検査装置の
取り扱い企業 募集中!

試験・分析人気検索ランキング おすすめ動画
▲このページの上部へ