X線CT検査装置とは

試料を360°回転させて、全方向からX線撮影を行う装置。3次元での透過(断面撮影)が行えます。

CT(Computed Tomography)とは、コンピューター断層撮影の意味で、X線とコンピュータを使用して形状の測定・観察を行います。

撮影したX線透過画像の再構成処理を行うことで、3次元での透過データを得ることができます。試料を破壊することなく非破壊で、内部がどうなっているかを調べることができます。

X線透過検査装置では、一方向からの2次元的な透過画像が得られるのに対し、X線CT検査装置では、立体的なデータを得ることができるため、立体構造観察や断面観察に使用されています。

X線CT検査装置の用途

肉眼だけでは判断できない、内部の欠陥や構造を確認することが可能です。

  • 複雑な内部形状の解析
  • 材料内部の破壊や劣化
  • 高密度部品の検査
  • 内外径寸法の計測 など

X線CT検査装置を使用する試験・分析

非破壊試験
非破壊試験とは、機械部品や構造物を破壊しないで、欠陥や劣化の状況を検査する試験で ...

X線CT検査装置の取り扱い企業

X線CT検査装置の
取り扱い企業 募集中!
試験・分析人気検索ランキング おすすめ動画
▲このページの上部へ