硬さ試験(硬度試験)とは

イナミック微小硬度計

イナミック微小硬度計
株式会社島津テクノリサーチ様 提供)

硬さ試験(硬度試験)とは、材料の硬さを測定する試験です。

硬さの測定を行うことで、その素材の引張強さなどの機械的性質や、そのほか多くの性質を推定することが容易になります。
しかも、硬さ試験(硬度試験)は比較的簡単にできる試験なので、最もよく行われる材料試験のひとつです。

硬さ試験には多くの方法があり、硬さの値も定義の仕方により異なります。
試験片(金属、セラミックス、ゴムなど)の材料特性や、硬さ試験によって代用的に評価する性質によって使い分けられます。

金属に対しては、ブリネル硬さ試験、ロックウェル硬さ試験、ビッカース硬さ試験などの押し込み硬さ試験法が多く用いられ、一定荷重を加えてできるくぼみの面積・深さから、硬さを評価します。

硬さ試験(硬度試験)の種類
  • ブリネル硬さ試験
  • ロックウェル硬さ試験
  • ビッカース硬さ試験
  • ショア硬さ試験 など

硬さ試験(硬度試験)に対応可能な企業

硬さ試験(硬度試験)に用いる装置

関連規格

JIS K6253
加硫ゴム及び熱可塑性ゴムの硬さ試験方法
JIS K7215
プラスチックのデュロメータ硬さ試験方法
JIS Z2243
ブリネル硬さ試験-試験方法
JIS Z2244
ビッカース硬さ試験-試験方法
JIS Z2245
ロックウェル硬さ試験-試験方法
JIS Z2246
ショア硬さ試験-試験方法
JIS Z2251
ヌープ硬さ試験-試験方法
規格一覧はこちら

お探しの企業が見つからなかった場合は、弊社のコーディネーターが代わりにお探しいたします

お気軽にご相談ください
ページ上部へ