クリープ試験とは

材料に一定温度、一定応力を加えたときに、時間とともに変形する現象をクリープといいます。

クリープ試験とは、クリープ現象による材料の破壊(クリープ破壊・クリープ破断)について調べる試験です。
金属材料に対してよく行われ、試験片に一定応力を長時間加え、生じた変形と経過時間との関係を測り、クリープ限度などを調べます。

特に、高温かつ応力負荷状態で長時間使用される材料の評価に用いられ、試験結果は高温設計における基礎データとして利用されています。

クリープ試験の種類
  • 引張クリープ試験
  • クリープ破断試験

一般には簡便なクリープ破断試験が多く実施されています。

クリープ試験に対応可能な企業

クリープ試験に用いる装置

関連規格

JIS A1157
コンクリートの圧縮クリープ試験方法
JIS K7087
炭素繊維強化プラスチックの引張クリープ試験方法
JIS K7088
炭素繊維強化プラスチックの曲げクリープ試験方法
JIS K7115
プラスチック-クリープ特性の試験方法-第1部:引張クリープ
JIS K7116
プラスチック-クリープ特性の試験方法-第2部:3点負荷による曲げクリープ
JIS K7132
硬質発泡プラスチック-規定荷重及び温度条件下における圧縮クリープの測定方法
JIS K7135
硬質発泡プラスチック-圧縮クリープの測定方法
JIS R1612
ファインセラミックスの曲げクリープ試験方法
JIS R1631
ファインセラミックスの引張クリープ試験方法
JIS R2658
耐火物の圧縮クリープの試験方法
規格一覧はこちら

お探しの企業が見つからなかった場合は、弊社のコーディネーターが代わりにお探しいたします

お気軽にご相談ください
ページ上部へ