落下試験とは

落下衝撃試験機

落下衝撃試験機
エミック株式会社様 提供)

圧縮試験機

梱包落下試験機
東信電気株式会社様 提供)

落下試験では、荷物(梱包された製品)が荷扱いや使用中に誤って落下させてしまうことを再現し、荷物が衝撃を受けた時に安全な包装設計になっているのかを検証します。

一方、自由落下試験は、電気製品、電子部品が使用中に落下したり打撃したりすることにより、製品が受ける影響を再現して耐久性を評価する試験です。

落下試験の種類
製品自体(非包装製品)の落下試験
製品の取り扱い中に受けやすい落下衝撃に対して、製品自体がどの程度耐えられるかを評価します。
包装貨物(包装製品)の落下試験
荷物はトラックや台車など様々な方法で移動や積み替えが行われます。輸送中は色々な衝撃を受けるため、落下衝撃に対して包装状態の製品がどの程度耐えられるかを評価します。
梱包落下試験
輸送中の荷役作業等で発生する落下衝撃を受けて、梱包材がどのようになるか確認します。製品を保護する緩衝包装が適当か否か、輸送中の製品の安全性を評価します。

落下試験に対応可能な企業

落下試験に用いる装置

関連規格

JIS C60068-2-31
環境試験方法-電気・電子-第2-31部:落下試験及び転倒試験方法(試験記号:Ec)
IEC 60068-2-31
Environmental testing-Part 2-31:Tests-Test Ec: Rough handling shocks,primarily for equipment-type specimens
JIS Z0202
包装貨物-落下試験方法
JIS Z0217
クラフト紙袋-落下試験方法
規格一覧はこちら

関連試験

お探しの企業が見つからなかった場合は、弊社のコーディネーターが代わりにお探しいたします

お気軽にご相談ください
ページ上部へ