自由落下試験とは

電気機器、電子部品から包装貨物までのあらゆる製品の耐落下性を評価するために、ある一定の高度から、決められた角、辺、面を下にして、定められた材質の床面に落下させる試験です。
特徴として、衝撃試験は製品を固定して試験するのに対して、自由落下試験は製品を固定しないで試験します。

自由落下試験は、目的によって大きく2つに分けられます。

製品の自由落下試験

電気製品、電子部品が使用中に落下したり打撃したりすることにより、製品が受ける影響を再現して耐久性を評価する試験です。

固定設置される製品については、耐落下性の評価は必要ありませんが、最近では、モバイル機器(携帯電話、スマートフォン、タブレット、ノートPC等)の普及に伴って、耐落下性の評価の需要が高くなっています。

製品落下試験機は、保持落下型と回転ドラム型に分けられます。要求される落下高や製品の重さによって、試験を選定します。

  1. 保持落下型落下試験機

    製品を任意の方向に固定し、一定の高度から製品を落下させる装置です。製品を固定しておき、落下途中で製品を開放し、製品のみを目的の角度で自然落下させることができます。

    これは、製品のある一定の部分(例えば、スマートフォンの角部分等)を何度も同じ角度で落下させて耐久性を評価したい場合に有効な装置です。

  2. 回転ドラム型落下試験機

    ドラム内に製品を入れて、一定の回転速度でランダムに落下事象を発生させる装置です。

自由落下試験装置

自由落下試験装置
日本ビジネスロジスティクス株式会社様 提供)

包装貨物の自由落下試験

輸送中に発生する落下衝撃に対しての耐久性を評価する試験です。

落下試験では、包装貨物(包装された製品)が落下衝撃を受けたときの影響を高精度で調べ、安全な包装設計になっているかを検証します。
包装貨物の重量と落下高度によって必要な試験装置を選定します。

自由落下試験に対応可能な企業

自由落下試験に用いる装置

関連規格

JIS C60068-2-31
環境試験方法-電気・電子-第2-31部:落下試験及び転倒試験方法(試験記号:Ec)
JIS Z0202
包装貨物-落下試験方法
IEC 60068-2-31
環境試験-第2-31部:試験-試験Ec:乱暴な取扱いによる衝撃、主として機器形供試品
規格一覧はこちら

お探しの企業が見つからなかった場合は、弊社のコーディネーターが代わりにお探しいたします

お気軽にご相談ください
ページ上部へ