打鍵試験とは

パソコンのキーボード、携帯電話、リモコン、電源スイッチなどのボタンを繰り返し打鍵し、耐久性を調べる試験です。
連続動作試験機を用いて、指定回数まで打鍵し、物理的損傷や電気的損傷がないか確認します。

パソコンのキーボードの場合は、よく使用されるキーのみを対象に、人の指に近い素材で打鍵し、入力時のトラブルやキーに印刷されている文字のかすれなどを検査します。
タッチパネルの場合は、ペンなどで繰り返し入力し、電流をオシロスコープで確認し、機能性を損なわないか検査します。

打鍵試験に対応可能な企業

打鍵試験に用いる装置

関連規格

JIS C4526-1
機器用スイッチ-第1部
JIS C5445
電子機器用スイッチ-第1部
規格一覧はこちら

お探しの企業が見つからなかった場合は、弊社のコーディネーターが代わりにお探しいたします

お気軽にご相談ください
ページ上部へ