高加速劣化試験とは

高加速劣化試験は、HALT(Highly Accelerated Life Test)とも言われ、非常に厳しい高速温度変化とランダム振動の負荷を加えて、壊れるまで試験することで、製品の弱点がどこにあるのかを短時間に確認する試験です。

不具合が起きるまでストレスレベル(温度と振動)を上げることで、不具合が生じる箇所と症状を把握し、市場での信頼性を向上させます。

高加速劣化試験(HALT試験)に関係する試験・規格情報の紹介

環境試験に関係する情報を、「環境試験コーナー」にて紹介しています。ご参照ください。

環境試験コーナー

その他関連するコーナーにて紹介中

高加速劣化試験(HALT試験)に対応可能な企業

高加速劣化試験(HALT試験)に用いる装置

お探しの企業が見つからなかった場合は、弊社のコーディネーターが代わりにお探しいたします

お気軽にご相談ください
ページ上部へ