魚類急性毒性試験(OECD TG203)とは

魚類試料のイメージ図

魚類試料
株式会社WDB環境バイオ研究所様 提供)

水系食物連鎖における高次消費者である魚類を化学物質に96時間暴露させ、死亡数を計測し半数致死濃度LC50(lethal concentration 50)を求めます。

供試動物としては日本においてはヒメダカ、コイが一般的ですが、海外においてはブルーギル、ニジマス、グッピーなどが用いられます。

魚類急性毒性試験に対応可能な企業

お探しの企業が見つからなかった場合は、弊社のコーディネーターが代わりにお探しいたします

お気軽にご相談ください
ページ上部へ