近接磁界に対するイミュニティ試験とは

近接磁界に対するイミュニティ試験は、RFIDやIH(誘導調理器)などから放射される磁界を模擬し、磁界に対して敏感な回路や素子を持つ医療機器に対して印加する試験です。試験対象の機器の例として、コイルやホール素子などを含む医療機器だけでなく、磁界によって配線や相互接続線に誘導された電圧が、意図した機能を変える回路を持つ医療機器が挙げられています。

EMC試験のEMS試験(イミュニティ試験)、車載用機器のEMS試験に属する評価項目。
各エリア別に規格があります。

国際規格 欧州規格 北米規格 日本規格
   

近接磁界に対するイミュニティ試験に対応可能な企業

関連規格

IEC 61000-4-39
電磁両立性(EMC)-第4-39部:試験及び測定技術-近接近の放射界-イミュニティ試験。
EN 61000-4-39
EMI試験(エミッション試験)の「近接磁界に対するイミュニティ試験」に属する規格
規格一覧はこちら

お探しの企業が見つからなかった場合は、弊社のコーディネーターが代わりにお探しいたします

お気軽にご相談ください
ページ上部へ