輸送試験特集

輸送試験とは

包装試験は、トラック、航空機、鉄道など輸送の際に発生する振動や衝撃などに対して、実際の輸送をする前に包装をされた貨物がどれだけ耐えることができるのか、包装の信頼性評価を行う試験です。
具体的には、前処置(温湿度環境試験)、振動試験、落下試験、圧縮試験といった試験を行います。

国内ではJISの包装規格に基づいた試験を行いますが、海外への輸送となると各国が定めた規格に対応する試験(例えばASTM、ISOなど)を実施することが必要です。

こちらでは、それらに対応する試験を実施している企業をはじめ、医療用機器やリチウムイオン電池のような、特殊条件を持つ製品の包装試験に対応可能な企業を紹介しています。

PICK UPUN検査証(UNマーク)

爆発物や毒物などの危険物を航空輸送や海上輸送をする場合、容器及び包装の性能について、国土交通省が定めた技術基準に適合していることを検査する必要があります。

この検査は、国土交通省の登録検査機関である一般社団法人日本舶用品検定協会または、指定試験所が実施しており、合格すると、危険物容器検査証が交付され、「UNマーク」を取得できます。

「UNマーク」を表示した危険物容器は国際的に認められており、「国連・危険物の輸送に関する勧告」への対応が可能。世界の船舶・航空・陸上において、危険物の輸送ができます。

UN検査証に対応する企業

日通NECロジスティクス株式会社

試験

包装貨物 一般電子機器 鉄道車両用品 規格

輸送機関

特殊条件

お探しの企業が見つからなかった場合は、弊社のコーディネーターが代わりにお探しいたします

お気軽にご相談ください
ページ上部へ