輸送試験特集

輸送試験とは

包装試験は、トラック、航空機、鉄道など輸送の際に発生する振動や衝撃などに対して、実際の輸送をする前に包装をされた貨物がどれだけ耐えることができるのか、包装の信頼性評価を行う試験です。
具体的には、前処置(温湿度環境試験)、振動試験、落下試験、圧縮試験といった試験を行います。

国内ではJISの包装規格に基づいた試験を行いますが、海外への輸送となると各国が定めた規格に対応する試験(例えばASTM、ISOなど)を実施することが必要です。

こちらでは、それらに対応する試験を実施している企業をはじめ、医療用機器やリチウムイオン電池のような、特殊条件を持つ製品の包装試験に対応可能な企業を紹介しています。

試験

包装貨物 一般電子機器 鉄道車両用品 規格

輸送機関

特殊条件

お探しの企業が見つからなかった場合は、弊社のコーディネーターが代わりにお探しいたします

お気軽にご相談ください
ページ上部へ