二次電池試験コーナー

二次電池の研究開発から市場化までの流れ

  1. 研究段階
    • 成分分析
    • 素材開発
    • 部品加工
  2. 開発段階
    • 構造解析・故障解析
    • 環境試験
      (振動・衝撃・落下・温度・IP・ガス・腐食)
    • 安全性試験・EMC試験
    • 燃焼試験
  3. 生産段階
  4. 輸送段階
  5. 認証取得
    • 認証取得

輸送試験・安全性試験

リチウム電池(リチウムイオン電池、リチウム金属電池)は、陸上輸送や航空輸送中に火災を引き起こす可能性があることから、全てのリチウム電池は危険物とみなされ、安全な輸送のために規制に準拠した取り扱いが必要となります。

そこで、リチウム電池の製造業者とそれに連なる販売・配送業者は、2003年7月1日以降に製造されたリチウム電池を輸送(航空、海上、鉄道)する場合、試験方法及び判定基準の国連マニュアルのパートIII、サブセクション38.3、段落38.3.5に指定された試験の要求事項を満たす必要があります。

また、リチウム電池の国際輸送の際には梱包基準に則る必要があります。

国連勧告輸送試験UN38.3(安全性試験)(UN Manual of Test and Criteria, Part III, sub-section 38.3)

項目 目的 試験内容 対応企業
T1 高度シミュレーション
(Altitude Simulation)
航空輸送時の低圧状態を想定 室温(20±5℃)、11.6kPa以下で、最低6時間貯蔵
T2 温度試験
(Thermal Test)
急速・極端な温度変化を想定 75℃×6時間→-40℃×6時間を10回繰り返し、電池の密閉性および電池内部の接続を評価。インターバル最長30分
T3 振動試験
(Vibration)
輸送中の振動を想定 7Hz→200Hz→7Hz(1G→8G→1G)/1回を15分掃引する。試験時間は15分×12回×3軸方向で合計9時間
T4 衝撃試験
(Shock)
輸送時の衝撃を想定 弦波衝撃を150Gで6秒間、3方向より合計18回の衝撃を与える
T5 外部短絡試験
(External Short Circuit)
外部短絡を想定 55℃中で0.1Ω未満の抵抗で短絡状態にし6時間観察する
T6 衝突試験(Impact)
(圧壊試験)
重量物による衝突を想定 直径15.8mmの丸棒を電池の上に置き、ここに9.1kgの重りを61cmの高さから落下させる
T7 過充電試験
(Overcharge)
過充電状態の耐久力を評価 メーカ推奨の最大連続充電電流の2倍で、充電電圧の2倍で試験を、24時間行う
T8 過放電試験
(Forced Discharge)
(強制放電)
過放電に対する耐久力を評価 メーカが定めた最大放電電流で強制放電を行う

リチウム電池の種類と、国際輸送の際の梱包基準

国連番号 正しい出荷名と説明 危険物分類 航空輸送する場合の包装基準国際航空運送協会(IATA)の危険物規則(IATA-DGR)の包装基準(Packing Instruction)航空輸送する場合の包装基準
UN2794 液体バッテリー、硫酸電解液入り
(Batteries, Wet, Filled with Acid)
8 PI 870
UN2795 液体バッテリー、アルカリ電解液入り
(Batteries, Wet, Filled with Alkali)
8 PI 870
UN2800 液体バッテリー、防漏型
(Batteries, Wet, Nonspillable)
8 PI 872
UN3028 固体水酸化カリウム含有の乾電池
(Batteries,Dry,Containing Potassium Hydroxide Solid)
8 PI 871
UN3090 リチウムメタル電池(リチウム金属電池)単体
(Lithium Metal Batteries)
9 PI 968(Section IA・Section IB・Section II):貨物機のみ輸送可能
UN3091 機器に内蔵されたリチウムメタル電池(リチウム金属電池)、
または機器と同梱されたリチウムメタル電池
(Lithium Metal Batteries Contained in Equipment or Lithium Metal Batteries Packed with Equipment)
9

PI 969(Section I・Section II):リチウム電池を機器と同梱で送付する場合

PI 970(Section I・Section II):リチウム電池を機器に組み込んだ状態で送付する場合

UN3292 ナトリウム含有の電池(Batteries, Containing Sodium) 4.3
UN3480 リチウムイオン電池単体(Lithium ion batteries) 9 PI 965(Section IA・Section IB・Section II):貨物機のみ輸送可能
UN3481 機器に内蔵されたリチウムイオン電池、または機器と同梱されたリチウムイオン電池(Lithium ion batteries packed with equipment) 9

PI 966(Section I・Section II):リチウム電池を機器と同梱で送付する場合

PI 967(Section I・Section II):リチウム電池を機器に組み込んだ状態で送付する場合

セミナー開催のご案内

新着情報

ページ上部へ