ソルベントクラック試験とは

耐薬品性並びに対象物の歪みの有無を確認する試験の一種です。種々の薬品や溶剤、油などを用いた場合に、内部または外部に存在する応力(歪み)との相互作用によって、材料の成形品表面にクラックが生じるかどうかを調べ、薬品に対する強度を評価します。

ソルベントクラック試験に対応可能な企業

関連規格

JIS K7108
プラスチック-薬品環境応力き裂の試験方法-定引張応力法
規格一覧はこちら

お探しの企業が見つからなかった場合は、弊社のコーディネーターが代わりにお探しいたします

お気軽にご相談ください
ページ上部へ