疲労試験(疲れ試験)とは

疲労試験(疲れ試験)とは、プラスチック・金属・複合材料などの試験片や部品・完成品などに、繰り返し応力または変動応力を加え、破壊にいたるまでの繰返し数を調べる試験です。疲労強度・耐久性を評価します。

疲労試験(疲れ試験)から得られるS-N曲線により、材料の疲れ限度(繰返し荷重を加えても破壊しない応力の最大値)、疲れ寿命(寿命保証時間)などを求めることができます。

構造物や機器の疲労破壊を防ぐために重要な試験です。

疲労試験(疲れ試験)の種類
  • 低/高サイクル疲労試験
  • 転動疲労試験
  • フレッティング疲労試験
  • 高温疲労試験
  • 低温疲労試験
  • 熱疲労試験
  • 腐食疲労試験

疲労試験(疲れ試験)に対応可能な企業

疲労試験(疲れ試験)に用いる装置

関連規格

JIS Z2273
金属材料の疲れ試験方法通則
JIS Z2274
金属材料の回転曲げ疲れ試験方法
JIS Z2275
金属平板の平面曲げ疲れ試験方法
ISO 204
金属材料-引張における単軸クリープ試験-試験方法
ISO 7500-2
金属材料-静的単軸試験機の検定-第2部:引張クリープ試験機-適用する負荷の検定
規格一覧はこちら

お探しの企業が見つからなかった場合は、弊社のコーディネーターが代わりにお探しいたします

お気軽にご相談ください
ページ上部へ