温湿度サイクル試験とは

温度と湿度を繰り返し変化せる環境下において、製品や電子部品、材料の耐久性を評価する試験です。

高温高湿試験は一定の温度湿度を負荷し、試料内部への水の吸着及び拡散による、絶縁劣化や腐食の耐久性を評価するのに対し、温湿度サイクル試験は湿度のサイクル試験を負荷することによって、外気と試料内の温度差によって結露を生成させて吸湿を加速させたり、温度変化による材料の熱膨張の差による変形を評価することが可能です。

温湿度サイクル試験に対応可能な企業

温湿度サイクル試験に用いる装置

  • 恒温恒湿機
    温湿度を自由に変えて、製品が温湿度変化から受けるストレスを負荷し、耐久性や安全性の評価を行う。温湿度サイクル試験、高温高湿試験などが可能。

関連規格

JIS C60068-2-30
環境試験方法-電気・電子-第2-30部:温湿度サイクル(12+12時間サイクル)試験方法(試験記号:Db)
JIS C60068-2-38
環境試験方法-電気・電子-第2-38部:温湿度組合せ(サイクル)試験方法(試験記号:Z/AD)
IEC 60068-2-30
Environmental testing-Part 2-30:Tests-Test Db: Damp heat, cyclic(12 h + 12 h cycle)
IEC 60068-2-38
Environmental testing-Part 2-38:Tests-Test Z/AD: Composite temperature/humidity cyclic test
規格一覧はこちら

お探しの企業が見つからなかった場合は、弊社のコーディネーターが代わりにお探しいたします

お気軽にご相談ください
ページ上部へ