高温高湿試験とは

高温高湿試験に関するイメージ図

高温・高湿の環境下で、検体の変化や反応を観察・評価する試験です。規定の温度・湿度下で試料を長時間保存した場合の耐性などを試験し、製品などの信頼性を評価します。

耐湿試験は、電気製品・電子部品の高負荷の湿度環境に対して電気的・機械的に耐久性があるかを評価する試験です。高温高湿試験は恒温恒湿試験機を用いて行いますが、他にも恒温恒湿試験機を用いた環境試験として、温湿度サイクル試験高温保存試験低温保存試験などがあります。

高温高湿試験に対応可能な企業

関連規格

JIS C5402-11-3
電子機器用コネクタ-試験及び測定-第11-3部:耐候性試験-試験11c:高温高湿(定常)
JIS C60068-2-39
環境試験方法-電気・電子-第2-39部:低温,減圧及び高温高湿一連複合試験
JIS C60068-2-66
環境試験方法-電気・電子-高温高湿,定常(不飽和加圧水蒸気)
JIS C60068-2-67
環境試験方法-電気・電子-基本的に構成部品を対象とした高温高湿,定常状態の促進試験
JIS C60068-2-78
環境試験方法-電気・電子-第2-78部:高温高湿(定常)試験方法(試験記号:Cab)
JIS C60068-3-4
環境試験方法-電気・電子-第3-4部:高温高湿試験の指針
JIS C61300-2-19
光ファイバ接続デバイス及び光受動部品-基本試験及び測定手順-第2-19部:高温高湿試験(定常状態)
規格一覧はこちら

関連試験

お探しの企業が見つからなかった場合は、弊社のコーディネーターが代わりにお探しいたします

お気軽にご相談ください
ページ上部へ