異物検査とは

異物観察装置

異物観察装置
沖エンジニアリング株式会社様 提供)

プラスチック成形品、半導体、基板、食品、医薬品等に発生する異物(混在物)の特定は重要であり、また最近では異物が微小化しており、異物検査には高度な技術が求められています。

異物検査は、異物の観察、定性分析、原因の特定などから行われます。

異物検査の種類
異物の観察
異物の形状、大きさなどに合わせ、光学顕微鏡(OM)や走査型電子顕微鏡(SEM)で異物観察を行います。
異物の定性分析
フーリエ変換赤外分光光度計(FT-IR)、顕微赤外分光法(顕微IR)、熱分解ガスクロマトグラフ-質量分析法(Py-GC/MS)、電子線プローブ微小部分析法(EPMA)、顕微ラマン分光法(顕微ラマン)、飛行時間型二次イオン質量分析法(TOF-SIMS)などで定性分析を行います。
原因の特定
異物を特定することで、製造過程のどの段階で混入したかを推測し、製造過程の改善策を提案します。

異物検査に対応可能な企業

異物検査に用いる装置

お探しの企業が見つからなかった場合は、弊社のコーディネーターが代わりにお探しいたします

お気軽にご相談ください
ページ上部へ