自動車用電気電子機器の環境試験(ISO 16750)

ISO 16750とは

イメージ画像1イメージ画像2イメージ画像3

ISO 16750とは、自動車用電気電子機器の国際規格です。
1998年に「ISO16750:Road vehicles - Environmental conditions and testing for electrical and electronic equipment」が制定されました。

ISO 16750-1~5に分類され、Part 1 General(一般)Part 2 Electrical loads(電気負荷)Part 3 Mechanical loads(機械負荷)Part 4 Climatic loads(気候負荷)Part 5 Chemical loads(化学負荷)に分けられます。

なお、2006年には、自動車技術会(JASO)によりISO16750に対応した「JASO D014:自動車部品―電気・電子機器の環境条件及び機能確認試験」が制定されました。

ISO 16750の対応情報対応情報

ISO 16750 試験項目ISO 16750 試験項目

書籍のご案内試験場のご案内

対応可能な企業様を募集中です

  • 湘南EMC試験所 株式会社 UL Japan 湘南EMC試験所 神奈川県平塚市

    株式会社 UL Japan

    • 国際規格
    • 車載機器EMC試験
    • 警報盗難防止装置
    • 国内外自動車メーカー規格
    • 電気試験
    • ISO 16750
    • ISO 11452シリーズ
    • ISO 7637シリーズ
    • ISO 10605
  • 鹿島EMC試験所 株式会社 UL Japan 鹿島EMC試験所 千葉県香取市

    株式会社 UL Japan

    • GM規格
    • Ford規格
    • JAGUAR LAND ROVER規格
    • MAZDA規格、その他の国内外自動車メーカー規格
    • 国際規格
    • 車載機器EMC試験
    • 電気試験
    • ISO 16750
    • ISO 11452シリーズ
    • ISO 7637シリーズ
    • ISO 10605
  • パワーエレクトロニクス評価センター 株式会社クオルテック 信頼性試験センター 大阪府堺市

    株式会社クオルテック

    • 自動車用ノイズ試験
    • 静電気試験
    • パワーサイクル試験
    • 連続耐久試験
    • アバランシェ試験
    • コンデンサリップル試験
    • ISO 16750

対応可能な企業様を募集中です

対応可能な企業様を募集中です

新着情報新着情報

ページ上部へ